業界未経験者に送る転職の心得

積極的な姿勢が要!人手不足のIT業界にチャンスあり!

システム開発未経験からの管理職への転職

IT分野は将来性がある業界であるため、転職先として注目されている。
IT業界に参入した際に選ぶ職業に、システムエンジニアがある。システム開発の人員が不足しているため、求人案件が多く見つけられるのが選ばれる理由の一つである。

しかし、もっと上の管理職を狙うならば、プロジェクトリーダーの仕事をターゲットにできる。プロジェクトリーダーは、開発チームを監督する立場に立つ。プロジェクトの見積りやクライアントの交渉など、上流の仕事をこなす役割である。プロジェクトリーダーの立場に立って仕事ができると、やりがいを持って働くことができ、システムエンジニアよりも高い報酬が得られるだろう。

ただし、システム開発未経験から、直接プロジェクトリーダーに転職できるとは限らない。プロジェクトリーダーには、システム開発の高度な知識と経験が要求される可能性が高い。開発の実績がない状態では、リーダーとして開発チームを管理する立場に立っても、果たす必要がある役割ができないかもしれないのだ。
もし未経験でもプロジェクトリーダーとして採用される可能性があるとしたら、リーダーシップやコミュニケーション能力で優れた能力を持つ場合である。プロジェクトリーダーには、開発スタッフを導くリーダーシップやあるいはスタッフやクライアントとのコミュニケーション能力が重視される。これらの能力が卓越しているなら、たとえシステム開発の知識や経験が浅くとも、プロジェクトリーダーに抜擢され活躍できる素質があると言える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020年6月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のコメント